トップページ » お役立ち情報

文書作成日:2018/12/11

育児短時間勤務制度を導入・運用する際のポイント

 厚生労働省が発表した平成29年度雇用均等基本調査によると、在職中に出産した女性従業員がいた事業所において、女性の育児休業者の割合は88.5%となっており、昨年より2.6%の増加となりました。育児休業から職場復帰した後については、フルタイム勤務が難しく、短時間勤務を要望する従業員は少なくありません。そこで今回は、育児休業から職場復帰した後の育児短時間勤務制度の導入・運用におけるポイントを確認しておきましょう。

1.育児短時間勤務制度とは
 育児・介護休業法には事業主が講ずべき措置として、所定労働時間の短縮措置等が定められています。これにより、3歳に満たない子どもを養育する従業員について、1日の所定労働時間を原則として6時間とする育児短時間勤務制度を導入することが義務付けられています。なお、短時間勤務制度を講じることが困難な従業員については、子どもが3歳に達するまでの育児休業などの制度を導入する措置を講じる必要があります。

2.短時間勤務の時間
 短時間勤務制度では、1日の所定労働時間を原則として6時間とすることができるよう求められていますが、会社の所定労働時間が7時間45分の場合、短時間勤務を申し出した後の所定労働時間を5時間45分とすることも認められています。そのため、原則として6時間という表現は、5時間45分から6時間までを許容することを意味します。
 また、この短時間勤務の時間帯について、厚生労働省の規定例では午前9時から午後4時まで(うち1時間休憩)の6時間を記載していますが、必ずこの時間帯に設定する必要はなく、また、始業・終業の時間を従業員が選択できるようにすることまでは求められていません。利用する従業員のニーズや職場の状況等を考えて設定することが可能です。

3.両立支援するための他の勤務時間制度
 育児・介護休業法での育児短時間勤務制度は原則として6時間とされていますが、従業員によっては、6時間ではなく7時間勤務を希望する者もいるでしょう。企業には、1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含むことが義務付けられているということですので、これを設けた上で、従業員の働き方の選択肢を増やすものとして、他の勤務時間を選択するようにすることは可能です。例えば、所定労働時間を7時間としたり、月曜日から金曜日までの5日勤務を隔日勤務とし月・水・金曜日の3日勤務とすることで1週間における所定労働時間を短縮したりすることが考えられます。
 このように従業員の選択肢を増やすことで、育児のために長時間働くことができない従業員の継続雇用が可能となり、職場の人材確保にも繋がります。

 今後、人材確保が難しくなっていく中で、既存の従業員の定着が重要となります。今回は、育児をテーマに取り上げましたが、介護との両立や治療との両立なども重要なテーマとなっています。働き方の選択肢としてどのような制度があると仕事との両立がしやすいのか、従業員のニーズを把握した上で検討してみてはいかがでしょうか。

■参考リンク
厚生労働省「育児・介護休業法について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html
厚生労働省「平成29年度雇用均等基本調査(確報)」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-29r.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




増加の一途をたどる65歳以上の常用労働者2018/12/04
新卒者が3年以内で会社を辞める割合は高卒で4割、大卒で3割2018/11/27
2018年10月より雇用関係助成金に関する書類が郵送で受け付けられるようになりました2018/11/20
年次有給休暇の平均取得日数は9.3日2018/11/13
2019年4月から基準が変更される医師の面接指導2018/11/06
電子メール等の利用も可能となる労働条件の明示2018/10/30
雇用継続給付の申請において被保険者の署名が省略できることとなりました2018/10/23
厳格化された協会けんぽの被扶養者認定の事務手続き2018/10/16
11月に実施される過重労働解消キャンペーン2018/10/09
2019年4月より新しい様式となる36協定届2018/10/02
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年で最高の446億円2018/09/25
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2018/09/18
7割で労働基準関係法令違反がみられた労働基準監督署の監督指導2018/09/11
慶弔休暇など特別休暇のルールを定める上でのポイント2018/09/04
半数程度に留まるマタハラ防止対策実施企業2018/08/28
働き方改革関連法の成立により重要性が高まる産業医の役割2018/08/21
天災地変により従業員を休業させる場合の休業手当の取扱い2018/08/14
働き方改革関連法の成立により予想される監督指導の強化と労働基準監督官の役割2018/08/07
外国人労働者が出国時に受け取ることのできる公的年金の脱退一時金2018/07/31
過去最多を更新した精神障害による労災請求件数2018/07/24
休憩を交替制にするときに締結が必要な労使協定2018/07/17
パートタイマーの定着率向上を目指す正社員転換制度2018/07/10
派遣労働者受入企業で対応が迫られる派遣期間制限の延長手続き2018/07/03
ハローワークを通じた障害者の就職件数が9年連続で前年を更新2018/06/26
治療と仕事の両立支援の重要性と制度導入時に活用できる助成金2018/06/19
マイナンバーの利用により届出が不要となった従業員の住所変更2018/06/12
労働基準監督署による事業所調査のうち、申告監督はわずか13.0%2018/06/05
時間外労働削減に向けた取組を行う際に中小企業が活用したい助成金2018/05/29
マイナンバー届出が強化された雇用保険の届出2018/05/22
時間単位の年次有給休暇を導入する際の手順2018/05/15
外国人留学生を採用・就労させる際の留意点2018/05/08
今年度の地方労働行政運営方針が策定されました2018/05/01
65歳超の雇用促進を行う際に活用したい助成金2018/04/24
3年ぶりに改定された平成30年度の労災保険料率2018/04/17
雇い入れ時の健康診断と企業における健康情報の取扱い2018/04/10
平成30年4月から障害者の法定雇用率が引上げられました2018/04/03
届出の重要度が増す雇用保険手続きでのマイナンバー2018/03/27
有期契約労働者の雇止めを行う際の留意点2018/03/20
今後増加が予想される副業・兼業と通勤災害の考え方2018/03/13
平成30年3月分から変更となる健康保険料率・介護保険料率2018/03/06
労災保険特別加入者の給付基礎日額変更2018/02/27
平成30年1月より変更となった健康保険の被扶養者異動届の取扱い2018/02/20
平成30年度の雇用保険料率は平成29年度から変更なし2018/02/13
平成30年度以降、拡充などの変更が予定されているキャリアアップ助成金2018/02/06
1月10日よりスタートした事業所が利用できる「ねんきん加入者ダイヤル」2018/01/30
年次有給休暇の平均取得日数は9.0日2018/01/23
広がる人材不足の状況と求められる働き方改革の取組2018/01/16
ハローワークへの大卒等の求人公開日 4月1日に前倒し2018/01/09
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2018/01/02
新卒採用市場「売り手市場(学生側が有利)」の認識が93.0%2017/12/26
労働者名簿、賃金台帳を始めとした人事労務に関する書類の保存期間2017/12/19

ページのTOPへ